リベンジポルノ

『リベンジポルノ』とは、別れた恋人や配偶者などに対する復讐や報復といった目的で、交際中に撮影した猥褻な写真や動画をインターネット上に拡散、ばらまく行為のことです。
非常に悪質な行為であり、刑事罰の対象になる犯罪行為です。

被害前なのか被害後なのか

リベンジポルノは、実際にインターネット上に投稿されてしまった後なのかその前なのかで大きく違ってきます。

いちどインターネット上に投稿され、拡散されてしまった場合、完全に削除することは相当困難です。
ですので、投稿の初期段階で迅速に対応し、拡散を防ぐ必要があります。

他方、公開前に復縁目的や自らの言うことを聞かせたい等のために脅迫材料として用いられることもあります。
ここで対応をしっかりすれば、公開・拡散を防ぐことも不可能ではありません。
状況をしっかり把握して適切な対応をする必要があります。

適切な対応には、どこに相談するのがいいのか?

最も重要なことは、画像や動画が拡散前なら何としてもインターネット上に公開されること防ぐことであり、不本意にも公開されてしまった後なら、拡散を防ぎ削除することです。
リベンジポルノに関する相談や解決のための相談先の選択としては以下の3つが挙げられます。

  1. 警察
  2. 法律事務所
  3. 一般社団法人セーファーインターネット協会

この中で、被害者の方のニーズを最大限満たす可能性がある相談先は法律事務所(弁護士)でしょう。

なぜ法律事務所に相談するのがベストなのか?

それは法に精通しているからこそ、状況を適切に把握し対応方法を迅速に提案することが可能だからです。
公開前に防ぐための予防策を講じたり、画像や動画の削除への対応、慰謝料の請求、刑事事件になった際の対応、またこれらの対応に必要な書類づくりや事務的作業、交渉などをこなせるのが弁護士なのです。

警察は逮捕が目的なので、そもそも事件として取り扱われなければ動いてくれませんし、取り扱ってもらうにも弁護士の力が大きく関わってきたりします。

また結果として成立するかもしれませんが、画像や動画の公開を防ぐ・削除する、という部分に関しては積極的であるとは言い難いのが現状です。

セーファーインターネット協会は、画像や動画の削除には無料で積極的に動いてくれるようですが、それ以外の刑事・民事上の対応は一切行っていません。

そういった観点からも、様々な対応をマルチに行える法律事務所・弁護士に相談するが結果的にはベストな選択といえるのではないかと思います。
ただ、デメリットととして費用がかかること、適切な法律事務所・弁護士を探さないといけないことが挙げられます。

詳細は
→ 法律事務所の選び方
をご覧ください。

早急な対応を心がける

リベンジポルノは、時間が立つほど拡散のリスクが高まり削除が困難になっていきます。
ですので、迅速な対応が必要です。

しかし、あわてて対応してしまうといざというときの証拠がないという状況になりかねません。
証拠を保全すると共に早急な対応が必要ですが、やはり法に精通していなければ難しい部分でもあります。
そのような観点からも、まずは弁護士に相談することが望ましいといえるでしょう。